子宝鍼灸(不妊鍼灸)について

東洋医学では、昔から不妊を「不孕(ふよう)」と言い治療の対象となっています。体のバランスの崩れが不妊を引き起こしているという考えから「体全体のバランスを整え体質改善することで「妊娠しやすい身体づくりをする」というものです。硬くて冷たいベッドを好む赤ちゃんはいないですよね。どの赤ちゃんも温かくてふかふかのベッドで眠りたいですね。受精卵も同じでお母さんの温かい、ふかふかのお腹を好むのです。

婦人科で行われる検査では、不妊の原因が特定できる「器質性不妊」と原因が明らかではない「機能性不妊」に分けられます。「器質性不妊」は西洋医学による治療法が確立されていますのでそちらの治療をまずは優先することになります。それに対し、不妊の原因のほぼ半分を占める機能性不妊」については、現代西洋医学では対処できない場合が数多くあり鍼灸などの東洋医学が病院での不妊治療に取り入れられるようになってきています。「鍼灸の不妊症に対する効果」は世界保健機関(WHO)などの研究機関において「不妊に対して一定の効果を有する」と認められています。
 
 病院での不妊治療と鍼灸治療、どちらの方が良いという答えはもちろんありません。当院では、鍼灸治療のみで体づくりをされる方や、病院での治療と当院での治療を併用される方がおります。
どちらの場合も、無事に出産まで至ったという嬉しい結果報告を頂いております。
これまで不妊に悩む患者様を見ていると、やはり病院での治療は経済的な面だけでなく肉体的・精神的にも相当な苦労をされている方が多くおられます。それらがストレス因子となり、体のバランスを崩し、様々なマイナー症状を引き起こしている場合が多くあります。それでは病院での高額治療もなかなか成果に結びつきにくいと思いますしまたその結果で心身のバランスを崩し…と悪循環に陥ってしまいます。
 

「妊活」という言葉をよく耳にします。
妊活とは「妊娠するために前向きな活動する事。 自然に妊娠しやすくするための体作りや生活スタイルを整える事」です。これは東洋医学の考え方と同じです。バランスのとれた食事と正しい生活習慣をおくり、心身を健やかにすることが最初の第一歩なのです。    

まずは鍼灸によって妊娠しやすい身体をつくり、受精卵が出産に至るまで、すくすく育つ良い体内環境を作っていきましょう。

         

 

東洋医学においての不孕(不妊)

< 腎虚による不孕 >

先天的に虚弱で腎気(エネルギー)が不足していたり、または房事(夫婦の営み)不節により精血を消耗し腎陽を損傷して体を温める温煦作用が失調すると、衝任脈の経気が衰退して胞脈は栄養されず腎精(人体の成長・発育をコントロールし生殖活動の源泉となる生殖のエネルギー)を統摂して妊娠する事ができない。
~ 主症 ~ 結婚後妊娠しない
~随伴症状~ 月経不順(遅れる)・経量少ない・血色は淡暗腰や膝のだるさ・腰痛・精神疲労、めまい、耳鳴り など

 
< 血虚による不孕 >

体質が虚弱で陰血(心・腎の血液)が不足していたり、脾胃が虚弱で気や血を正化できない(消化吸収が上手くできず、気や血を作れない)、または血液や津液(体液)を消耗しすぎると、子宮の上を流れる経絡が空虚となり、腎精が統摂できないため妊娠できなくなる。
~ 主症 ~ 結婚後妊娠しない
~随伴症状~ 月経周期の遅れ・経血量は少ない・血色は淡顔色が黄色っぽくなる・身体衰弱・精神疲労・倦怠・めまい・目のかすみ など
 

< 胞寒による不孕 >

月経期間中は胞宮(子宮)が開いており、この時期に房事を行うと気血を損傷して風寒の邪の影響を受けやすく、この風寒は容易に胞中(子宮)に侵入して体が冷えてしまったり、陽気が不足すると寒邪が胞宮を凝滞させ、妊娠出来なくなる

~ 主症 ~ 結婚後妊娠しない。出産経験があっても第2子を妊娠しない
~随伴症状~ 月経周期の遅れ・経質稀薄・血色暗紫色・小腹部(おへその下)の冷痛寒がり・手足の冷え・腰や膝のだるさ・尿の色が透明で量が多い など
 

< 痰瘀互結による不孕 >

肥満体質の人または油ものや味の濃い食べ物を好む人は胃腸を酷使することで食物をうまく消化・吸収・排泄できず体に有害な痰湿(老廃物)が体中にたまり、気血水の巡りが滞ってしまう。また情志が抑鬱して肝気鬱結(気の滞りがひどくなり、精神的ストレスによって引き起こされやすい病態)となり、痰湿と血瘀(血の滞り)が相互に阻滞して、胞宮を閉塞すると受胎不能となり、妊娠できなくなる。

~ 主症 ~ 結婚後妊娠しない。出産経験があっても第2子を妊娠しない
~随伴症状~ 月経周期の乱れ・スムーズに来潮しない・経質は粘稠で血塊が混じる・生理痛帯下(おりもの)は白色で多量粘稠・乳房の張り痛み・煩燥・肥満・めまい・動悸イライラ・怒りっぽい・ため息 など